『モノ作り』……
 
私の仕事であり、人生における大きな部分を占める言葉です。
 
物作りには、今から自分が何を作るのか(作りたいのか)、それをどんな形として表現するのかというデザインの仕事、そしてそのデザインを完全な形にするための職人としての技、そして出来るだけ良いものを作り出そうとする気持ち。
 
この調和が作り手としての永遠の課題だと思います。
 
 
 春夏秋冬,この季節の移ろいの中に感じることのできる「躍動感」。これが私にとってのモノ作りの原点であり、そしてすべての創造の出発点でもあります。心地よく、そして時には厳しい自然との対話の内側に存在する誰にも見る事のできない未知なる創造力。さて次はどんな形となって私達の前に姿をあらわすのでしょうか。楽しみです。
 
K Factory
 
2005 by chiaki
W Cabinet